あなたの会社の社外総務課長
最近の記事

6.1 労働保険

労働保険料の計算

「一般保険料の額」は賃金総額×(労災保険率+雇用保険率)

労働保険料の対象賃金

労働保険料の対象となる「賃金」とは、賃金、給料、手当、賞与その他名称のいかんを問わず、労働の対象として事業主が労働者に支払うものです。

雇用保険の対象事業所および対象者

雇用保険は労災保険と同様、労働者を一人でも雇用する事業所は原則として対象事業所です。

労災保険の対象事業所・対象者

労働者を使用する事業所はすべて労災保険の対象事業所となります。

労働保険料の年度更新

労働保険料は
労災保険対象の労働者の賃金×労災保険料率+雇用保険対象の労働者の賃金×雇用保険料率です。

労働保険の加入

労働者を一人でも使用して事業を開始すれば、原則としてその事業を開始した日に、”保険関係は自動的に成立します。

労働保険とは?

労働保険とは、労災保険(労働者災害補償保険)と雇用保険の総称です。

PAGETOP
Copyright © 中嶋労務行政事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.